田中酒造は明治32年(1899年)に創業いたし、100年以上の業歴を有しています。現在の当主は四代目で、創業者の遺志を継いで古き良き時代の風情を残しながらも、常に新しい技術を取り込み、小樽の清酒「寳川(たからがわ)」を守り続けております。当蔵では生産数量が少ないこともあり「メーカー直販」中心、すなわち自社で醸造した清酒は自店を中心に小樽市内で販売しております。
 カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声

会社沿革

1899年(明治32年) 小樽市色内町(現本店所在地)にて創業。
創業者は、岐阜県大垣市出身の初代 田中市太郎
1944年(昭和19年) 戦時体制下、製造部門が小樽合同酒造株式会社に集約され、
販売部門のみで営業を継続する
1950年代 3代目 市太郎が独自の製造部門を復活させる
1956年(昭和31年) 7月4日 田中酒造株式会社 創立
1988年(昭和63年) 4代目 田中一良が代表に就任する
1989年(平成元年) 本店を観光客向け店舗へと改修する
1995年(平成7年)

製造場を亀甲蔵(きっこうぐら)と命名して、見学できる観光蔵に改造する

1999年(平成11年) 創業100年に至る
2009年(平成21年) 創業110年に至る
2019年(令和元年) 創業120年に至る

ページトップへ